わが庵は 都の辰巳しかぞすむ ~通り土間と薪ストーブの家作り記~

2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

平均台2


一晩柿渋を乾燥させたら、組み立てに入る。
脚となる部分に、杉板を固定し、その杉板を介して脚と土台、脚と梁を固定する。
IMG_5134 (2)
梁の長さがもう少し短ければ、土台は2箇所で良かったのだが、
3mとなると2箇所では少し不安なので、最終的には中央部にももう一つ土台を設ける。
IMG_5144 (2)
ひとまず、完成。


記事が気に入ったらぽちっとな→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

平均台

ひょんなことから、平均台を作ろう、と思い立ち、早速取り掛かった。
先ずは材料の準備だが、土台・脚部分は家にある端材を使用することにし、
メインの梁の部分のみ購入することにした。
サイズは、□90mm×3mで、材質はヒノキ。
土台・脚部分も同じく、□90mmのヒノキの端材があったので、それを使用する。
梁と脚、脚と土台の接合部には、杉板の端材を使用する。
長さを3mにしたのは、□90mmの材を我が家の車で運ぼうとした時に
載せることができる最長長さが3mだから。
IMG_5116 (2)
先ずは、上の材料の角を、トリマーを使って面取りする。
IMG_5123 (2)
次に、屋外使用の予定なので、全ての材に、柿渋を塗る。
IMG_5124 (2)
土台部分は、面取りして柿渋も塗ってある端材があったので、
土台以外の材料に上記の作業を行、しばらく柿渋を乾燥させる。
なお、土台は3か所設けるつもりだ。


記事が気に入ったらぽちっとな→人気ブログランキングへ

錆び取り


知人から三輪車をいただいたのだが、ハンドル部分が錆び錆び。
ということで、「サビ取り職人」なるものを使ってみることにした。
IMG_5063 (2)
「サビ取り職人」使用前は↓この通り錆び錆び。
IMG_5076 (2)
ここに、「サビ取り職人」を吹きかけると、すぐに吹きかけた液体が錆びと反応し、
↓不気味な紫色の液体が垂れてくる。
IMG_5086 (2)
これを水で洗い流すと、ピカピカに!と言いたいところだが、
この三輪車の錆びは酷い錆なので、以上の工程を何度もというか数十回繰り返して、
↓ようやくここまでピカピカになった。
IMG_5103 (2)
1回で、とはいかなかったが、それでもここまできれいになったのは予想以上だ。
Before↓
IMG_5073 (2)
After↓
IMG_5104 (2)
Before↓
IMG_5070 (2)
After↓
IMG_5099 (2)
これなら、バイクのちょっとした錆なんかはすぐに落としてくれそうだ。


記事が気に入ったらぽちっとな→人気ブログランキングへ

ヒガンバナ

今年も彼岸花の季節を迎えました。
IMG_4723 (2)
毎年北庭に咲いている彼岸花が、今季もきれいに咲きました。


記事が気に入ったらぽちっとな→人気ブログランキングへ

2代目ままごとキッチン6

背板ができたので、次は底板にとりかかる。
先ずは、材料をカット。
今回は、骨組みと仕上げ材を分けたので、少々凹凸があるが、丁寧に墨出しを行い、カットする。
IMG_4677 (3)
カットが終わると、サンダー掛けで表面を平滑に仕上げ、
底面に設置していく。底板は、無塗装。
今回の底板は、釘などで固定はしないつもりなので、ギリギリの寸法にカットしてあり、
設置する際も、当て木をして金槌で叩いて嵌め込んでいく。
IMG_4682 (2)
目論み通り、釘なしできっちり設置が完了した。
IMG_4698 (2)
柱回りも上手く収まった。
IMG_4706 (2)
完成すると、早速、天板の上に乗って遊び始める子供達…。
IMG_4714 (2)
まぁ予想通りの遊び方だが、これに耐えられるだけの強度は確保したつもりなので、存分に遊んでくれたまえ。


記事が気に入ったらぽちっとな→人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。